在籍確認について

キャッシングの申し込みをすると、在籍確認が有り、ローンを申し込んだ銀行や消費者金融から勤務先に電話がかかってきます。この在籍確認は、申し込みをした人が本当に申し込み書に記載した職場で働いているかを確認するためのものです。確認が取れれば、仕事をしていて収入があると認められるので、融資が可能になるわけです。金融機関としては貸倒れはしたくないわけですから、在籍確認は欠かせません。この在籍確認が心配で、ローンを申し込めないという方もいると思います。ですが、在籍確認はプライバシーを尊重するような形で行われますのであまり心配はいいりません。

 

 

在籍確認の電話は、普通、金融機関の名前は出さずに個人名で行われます。担当者が「○○さんおられますか?」のように尋ねますので、本人が電話に出れば、それでいいですし、もし、その場に自分がいなくて同僚が、「今日は休みです」とか「今、席を外しています」と答えたとしても、それでその人がその会社に在籍していることがわかるので、確認が取れたことになります。キャッシングに関する話は一切しませんので、プライバシーは守られます

 

もし、在籍確認に関して不安なことがあれば申し込みの際に相談することができます。在籍確認は非常に重要なステップなので、申込書に勤務先の電話番号等を記載するときにはミスのないように気をつけてください。在籍確認ができなければ審査には通りませんので、お金を借り入れることができません。

 

また、申し込みをすると内容確認のために、本人の携帯や自宅に電話がかかってくることもあります。この場合も会社名は名乗らず個人名でかけてきます。ですから、家族が電話に出たとしても、キャッシングの電話であることはわかりません。

 

このようなわけで、在籍確認をされて、自分がローンを利用していることが他の人にわかってしまうということはありませんので、ローンを利用したいと考えている方がいるなら、安心して申し込みをしてください。