消費者金融と銀行系カードローンの審査基準

消費者金融と銀行系カードローンでは、消費者金融のほうが審査が緩い傾向があります。そのかわり、金利は高くなっています。銀行のカードローンの場合は、審査が厳しいのですが、金利は低くなっています。

 

消費者金融や銀行系カードローンの審査基準は個々の金融機関が独自に決めていますが、ポイントとなる点はほぼ同じです。たとえば、年齢、職業、勤務先、雇用形態、勤続年数、住居、居住年数、年収、今までの借入状況などです。

 

年齢について言えば、20代や30代がかり安くなっている場合もありますが、年齢制限の枠内であれば、特にどの年齢が不利になるということはありません。ただし、今まで全くローンを利用することがなく、かなりの年齢になってから初めて利用する場合は、審査には不利になる可能性があります。また、職業は安定した職業で、勤務先も安定した実績のある職場なら審査のポイントは高くなります。雇用形態は正社員が最も有利で次に派遣社員や契約社員になります。最近では、パートやアルバイトの方も申し込みができるカードローンも多いので、その場合は勤続年数が長ければ審査には有利になります。

 

住居は住宅ローンがない持ち家の方が最も主要かが高くなります。居住年数も長ければさらに有利です。賃貸の場合も居住年数が長ければきちんと家賃を払っていて信頼性があるということで審査には有利になります。

 

また、今までの借入状況は最も大切なポイントで、信用情報機関に債務整理や著しい延滞の記録が残っていれば審査にはほぼ通りません。また、消費者金融は借りての年収の3分の1までの金額しか貸すことができないので、すでに借入総額が年収の3分の1に達していれば審査には通りません。銀行のカードローンの場合は、年収の3分の1を超えた額でも借り入れの申し込みができます。借入件数は多いと不利になります。銀行のカードローンの場合は、4件以上の借り入れがあると審査に通るのは難しくなります。消費者金融なら5、6件あっても審査に通ることがあります。