キャッシングについて

日々の生活を送っていると、様々な理由でお金が足りなくなる場合があります。お金は生活をしていく上で必須なので、どうにかしてお金を手配しなければいけなくなります。

 

その手段は、身内から借りたり友達から借りたり、近しい人に借りるのが手っ取り早いですよね。

 

ただし、親しい人からお金を借りると「金の切れ目が縁の切れ目」と言われるように、関係を保ちたい場合は避けて通る方が無難と言えます。

では、どこからお金を借りられるのか?それが「キャッシング」になります。

 

キャッシングとは言っても、借りる人の職業や年収も違えば、何のためにお金が必要なのか?と
いう目的も一人一人異なります。

 

ですので、何のためにお金が必要なのか目的をはっきりさせて金融会社を探しましょう。

 

キャッシングとローン

キャッシングとローンはどちらも「融資」という意味があります。
ニュアンス的に、キャッシングは少額のお金を借りる、ローンはまとまったお金を借りる、
という違いがありますが、どちらも「お金を借りる」ことを言います。

 

ローンの場合は、車を借りるためのマイカーローンや、家を購入するための住宅ローンなど、
大きな額を一括で銀行口座へ振り込んでもらい、毎月決まった額を自動引き落としで返済していく形が一般的です。

 

キャッシングの場合は、ローンと同じように希望額を一括で銀行口座へ振り込んでもらい、
月々返済していく場合もありますが、最近ではカードローンが一般的です。

 

カードローンとは

カードローンは先に一括で融資金額を振り込んでもらうのではなく、
必要なときに必要な額を自分で引き出します。

 

イメージとしては、預金口座からATMなどを利用してお金を引き出す感じと全く同じです。

 

融資限度額以内であれば、何度でも借入することができて、
好きなタイミングで返済することが出来ますので、とても自由なキャッシングと言えます。
最近では、借入も返済も提携銀行のATMやコンビニATMを利用できるため、
カードさえあれば全国どこでも、24時間いつでも借入・返済が可能です。

 

ただし、あまりにも預金口座からの引き出しと似ているため、あまり借金という感覚がなくなってしまい、
返済を忘れて借金の額だけが増えていく、という危険性があります。

 

「借金をしている」という自覚をもって、返済は必ず忘れないように気をつけましょう。